11月1日

来る11月1日は何の日かご存知でしょうか?

在留資格に係る方の場合、「技能実習法」が施行される日であると認識しているはずです。

今まで多くの問題を抱えながらも、人手不足の解消に役立ってきたといえる外国人の技能実習制度ですが、この度抜本的な改革がなされることになります。

その中でも一番変わることは、新たに外国人技能実習機構が設置されることでしょう。

この、通称「機構」による監督が始めるというのが一番大きな変化であるといえます。

また、それに伴い、外国人の技能実習計画の認定も始まります。

その計画書自体は従来の者とは変わることはありませんが、在留資格の申請前に認定を受ける必要があります。

また、実習実施者の届け出や実習生の保護など様々な点で変化が予測されます。

当センターのサービスでは、管理団体の許可、技能実習計画の認定、実習実施者の届け出、企業単体型技能実習の場合の在留資格認定証明書交付申請もサポートしております。

お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です