国際結婚の場合

最近は日本でも国際結婚のカップルをよく目にすることが増えてまいりました。

当事務所にも国際結婚を予定される方から、「妻のビザを取りたい」とか、反対に「外国人の夫を呼び寄せたい」とか、様々なお問い合わせがございます。

また、「自分で申請をしたんだけど不許可になってしまった。何とかならないか?」という方もおられます。

そのようなお問い合わせを見ると、日本人男性はアジア地域の女性と、そして日本人女性は欧米系の男性と結婚される場合が多いように思えます。

さて、このように日本人が国際結婚をする場合、その相手は「日本人の配偶者」という在留資格を取る必要があります。

この資格の名前のとおり、「配偶者」ですので、婚約の段階では取ることはできません。

必ず入籍してから申請することになります。

ここで注意したいのは、入籍自体は必ずできるのですが、ビザが必ずしももらえるということではないという点です。

最悪の場合、結婚したのに一緒に暮らせないということも十分あり得るというわけです。

非常に残酷な不許可処分ですが、こうなるのには理由があります。

偽装結婚かもしれないと疑われて、審査で落とされてしまうということなのです。

つまり、その結婚自体が偽装結婚ではなく、本当の真実の結婚であるということを申請者が証明しなければならないのです。

つまり、証明するための、立証資料がきちんとそろわなければ、不許可になってしまうと考えられるということです。

もちろん、そんなことになってしまえば非常に大きな損害になってしまいます。

そこで、国際結婚の場合でもまずはその状況に応じて必要な書類をそろえていくことが必要になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です