在留資格認定書とは?

行政書士の乾です。

外国人が日本に上陸するにはビザが必要です。

よく在留資格とビザは一緒にされがちなのですが実は別々のものだとご存知でしたか?

パスポート写真
在留資格とビザ

ビザというのは、日本に上陸するために必要な”査証”のことを言います。

日本上陸には様々な要件を満たすことが必要であり、ビザはそのうちの一つです。

ですので、ビザを持っているからと言って必ず日本へ入国できるかどうかは確実ではありません。

そして在留資格は、日本に一定期間以上の間滞在するために必要な資格のことです。

基本的に日本に上陸後、交付されるということになります。

観光以外の外国人が日本に来るためには一般的には「在留資格認定証明書」を使います。

これは日本の入国管理局に申請します。

そしてその証明書を外国の在外公館に提出しビザの発給を受けることになります。

もちろん入管は、日本国内にありますので、代理人がその申請をして、認定書を郵送することになります。

そのような場合は国際業務に強い行政書士をお使いいただけると無駄な時間や手間が省けます。

ごくまれに、認定書があってもビザが発給されないことがありますが、あくまで偽装結婚が疑われる場合など例外的なもので、通常は数日間で発給されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です