留学ビザから日本人の配偶者への変更

行政書士の乾です。

近年、日本に留学する外国人が増えており、その中には日本人と結婚をされる方もおられます。

そのような方から「日本人の配偶者」に在留資格を変更したいと相談を受けることも増えてきたように思います。

結婚式
留学生が日本人と結婚するときにはいくつか注意しなければなりません。

日本人の配偶者という在留資格ですが、なんといっても就労制限がなくなることが大きな魅力の一つです。

そのため、偽装結婚などが増え、入管も非常に厳しく審査を進めます。

また、永住や帰化の要件が緩和されたこともあり、申請数が増えているのかもしれません。

ただ、あくまで「日本人」と結婚していることが要件でありますので、離婚した場合や死別した場合は、在留資格を変更する必要があります。

子供がいる場合なら「定住者」に変更したりする場合が多いです。

もちろん日本人と結婚したからと言ってこの在留資格に変更しなければならないということはないので、「技術・人文知識・国際業務」の資格のあるかたの場合は、手続きが面倒くさいということで、変更されない方もいらっしゃいます。

そんな「日本人の配偶者」に留学生がなった場合、考えられるのは二つです。

一つ目は学校卒業と同時に申請するケース。

この場合は留学生としての役割を全うしているので、審査は比較的簡単に進みます。

ここで問題になるのが二つ目のケース、学校を退学して変更申請する場合です。

この場合、「なぜ退学したのか」というポイントを入管は詳しく審査します。

いわば留学生として日本にやってきたのになぜ途中でやめてしまうのかということをきっちりと立証しなければなりません。

日本にいるだけのために変更申請をしていると考えられるからです。

「学費を払うのが高くてもったいない」

「勉強するのが嫌」

または

「在留資格きれそうだけど日本にまだいたい」

などという理由ではもちろん許可されませんので十分な検討が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です