ニュースレター始めます

いよいよ2019年もあと3ヶ月を残すところとなりました。

今年は4月に始まった特定技能など在留資格関係では様々な変化があった、ある意味始まりの年になりそうな予感がしています。

しかし問い合わせの数の非常に多いこと!

お客様からの問い合わせはもちろんですが、何よりも多いのは同業の行政書士の先生からのお問い合わせが多いことが非常に大きな特徴です。

特定技能についてや在留資格、それに事務所経営など今年はセミナーでお話しさせていただく機会が非常に多かったと思います。

そこで気がついたこと。

それは、在留資格など入管関係のノウハウをもっと効率よくお届けするにはどうすればいいか、そのことにより在留資格で悩む外国人の方の人数を減らすことに貢献できるのではないか。

そんな思いからこの度、ニュースレターを発行する準備を進めております。

主な内容は二つ、入管業務についての基礎的なものと、行政書士の事務所経営についての様々なヒントについてお知らせするというもの。

出来るだけ急いで10月中には正式発表できるようになると思います。

改めて詳細はこちらでアナウンスさせていただきますのでお楽しみにしてください!

在留資格認定書とは?

行政書士の乾です。

外国人が日本に上陸するにはビザが必要です。

よく在留資格とビザは一緒にされがちなのですが実は別々のものだとご存知でしたか?

パスポート写真
在留資格とビザ

ビザというのは、日本に上陸するために必要な”査証”のことを言います。

日本上陸には様々な要件を満たすことが必要であり、ビザはそのうちの一つです。

ですので、ビザを持っているからと言って必ず日本へ入国できるかどうかは確実ではありません。

そして在留資格は、日本に一定期間以上の間滞在するために必要な資格のことです。

基本的に日本に上陸後、交付されるということになります。

“在留資格認定書とは?” の続きを読む