日本人の配偶者ビザで説明しなければならないこと

国際結婚をして日本人の配偶者のビザを取得する際には、お二人のなれそめはもちろん、普段の生活のことなどかなり詳しく説明する必要があります。

パスポート

交際の経緯など、審査官を納得させるように説明するために、プライバシーの範疇を超えて事細かく説明しなければならないケースも多々あります。

口頭で説明するのではなく、あくまで文書で説明する必要があるのですが、それは「質問書」というもので説明することになります。

質問書の一部

その質問で聞かれることはと言えば、「どのようにして出会い結婚するに至ったか」「普段の会話で使用する言語」「結婚届出時の証人について」「披露宴の状況」や「相手の国に何回訪問したか」などかなり細かいことを聞かれます。

相手の国に訪問している場合はその訪問の記録を残しておかなければ後ほど調べるのは非常に手間になります。

パスポートの記録などで確認するようにしてください。

また、二人の交際中や結婚式の写真や、メール等でのやり取りや電話の通話記録など、添付しても構わないというように質問書には書かれていますが、実際の場合はできるだけ添付する必要があると考えていいでしょう。

細かいところを省いて簡単に書いてしまうと、後ほどかなり細かいところまで聞かれてしまう可能性がありますので、提出時にはできるだけ細かく説明することをお勧めいたします。

お客様の中には「そんなプライベートのことまで話したくない」という方もいらっしゃると思いますが、入管の求める情報はそのようなものですと納得していただく以外ございません。

ですのでもし国際結婚で、ビザの取得を考えておられる方は細かいことを説明しなければならない、ビザが不許可になってしまう可能性もあるとあらかじめ納得していただく必要があります。